リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

区分所有法 管理規約についてわかりやすく解説

リラックス法学部 区分所有法をわかりやすく解説>区分所有法 管理規約とは?

 

管理規約

今回は区分所有法の

管理規約について説明していきます。

 

区分所有建物やその敷地、

附属施設の管理・使用に関する区分所有者間のルールは

区分所有法に定めるもののほかに、

規約でこれを定めることができます。

 

区分所有者で構成される管理組合の組織運営について

定める根本ルールとなり、

これを「管理規約」といいます。

区分所有法30条

 

規約の設定、変更及び廃止に関しては、

区分所有者及び議決権の

各四分の三以上の多数による集会の決議によって

することとなっています。

 

31条

 

また、規約で定める時効は

必ず規約で定める事項(絶対的規約時効)

規約でも集会でも定めることのできる事項(相対的規約事項)

があります。

 

最初に建物の専有部分の全部を所有する者は、

単独で公正証書で規約を定めることもできます。

 32条

 

 

「第四条第二項、第五条第一項並びに第二十二条

第一項ただし書及び第二項ただし書」

とは、

・規約共用部分の定め

・規約敷地の定め

・専有部分と敷地利用権を分離処分することのできる定め

・各専有部分と一体化される敷地利用権の割合に関する定め

です。

 

ということで、今回は区分所有法の管理規約について説明してまいりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 区分所有法をわかりやすく解説

 


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク