リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

区分所有者の義務違反者に対する措置について

リラックス法学部 区分所有法をわかりやすく解説>区分所有者の義務違反者に対する措置について

 

区分所有者の義務違反者に対する措置

区分所有者は、

区分所有建物の保存に有害な行為や、

建物の管理・使用に関し区分所有者の

共同の利益に反してはならないという義務を

負っています。

 

この義務に違反した場合や、

その行為をするおそれがある場合は、

他の区分所有者全員または管理組合法人は、

その行為を停止、その結果の除去、

その行為を予防するための必要な措置を取ること

を請求することができます。

 

57条

これらの請求は裁判外でも

することができますが、

裁判によるときは集会の決議に

よらなければなりません。

 

57条2

 

義務違反者の行為が共同生活上の障害が著しく、

行為の停止等の請求によっては、

共同生活の維持を図ることが困難な場合は、

区分所有者及び議決権の各四分の三以上の多数

の決議により、他の区分所有者の全員または

管理組合法人が訴えをもって、

当該行為をする区分所有者の専有部分の

使用の禁止を請求することができます。

 

58条

義務違反者の区分所有権及び

敷地利用権の競売を請求することもできます。

 

59条

 

ということで、今回は区分所有者の義務違反者に対する

処置について説明してまいりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

区分所有法をわかりやすく解説


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク