リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

会社法 募集株式の発行 出資の履行について

リラックス法学部 商法・会社法をわかりやすく解説 >募集株式の発行 出資の履行について

 

募集株式の引受人は、

払込期日または払込期間内に、

払込金額の全額を払い込まなければいけません。

 

現物出資をする場合は、

現物出資財産の全部を

給付しなければなりません。

 

払込の債務を、会社に対する債権で

相殺するということはできません。

 

募集株式の株主になるという権利の譲渡は

会社に対抗することはできません。

 

会社は申込した者を判断して

割当てを行っているので、

その権利を譲渡されたら話が

違ってくるということでしょう。

 

カワイコちゃんが株主になってくれると思って、

割当てをしたのに、その権利を譲渡され、

怖いお兄さんが株主になることになったら

会社は「え~」という気分になると

イメージしていただければと思います。

 

募集株式の引受人は出資の履行をしないときは

株主となる権利を失います。

会社法208条

 

募集株式の引受人は出資の履行をした日に

募集株式の株主となります。

 

会社法209条

 

ということで、今回は募集株式の発行 出資の履行について説明してまいりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

商法・会社法をわかりやすく解説トップへ

試験対策・要点まとめコーナートップへ


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク