リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

商法・会社法 株式会社の定款とは?

 リラックス法学部 商法・会社法をわかりやすく解説 >商法・会社法 株式会社の定款とは?

 

定款とは会社の根本規則です。

定款は会社を作る際に発起人が作成し、

発起人全員が署名または

記名押印しなければなりません。

 

ちなみに署名とは直筆でサインするということで、

記名押印はパソコンなどで作った書類に

名前を印字してあって

活字の名前の横にハンコを押すということです。

 

会社法26条

 

定款には

必ず記載しなければならない絶対的記載事項

定款に記載しなくても定款自体には影響がないが、

その事項の効力が認められない

相対的記載事項(変態設立事項、広告の方法など)、

絶対的記載事項でも相対的記載事項でもない

任意的記載事項があります。

 

定款の絶対的記載事項は27条に掲げられた5つですので、

正確に覚えてください。

 

これらどれかひとつでも欠けていると

定款として効力を有しないものとなります。

 

会社法27条

 

変態的設立事項とは、

現物出資(金銭以外の財産の出資)、財産引受け、

発起人が受ける報酬その他の特別の利益、

設立に関する費用のことをいいます。

 

スポンサードリンク


 

これらの事項は定款の相対的記載事項で、

定款に記載しなければ効力を生じません。

 

なお、現物出資は設立に際しては

発起人のみができます。

募集設立で発起人以外の者が

現物出資することはできません。

 

発起人は、変態設立事項を調査させるため、

公証人の認証の後遅滞なく、

裁判所に対し、検査役の選任の申立てを

しなければなりません。

 

裁判所は、これを不当と認めたときは、

これを変更する決定をしなければなりません。

 

募集設立の場合は、創立総会においても、

その決議によって、

定款の変更をすることができます。

 

会社法28条

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

商法・会社法をわかりやすく解説トップへ

試験対策・要点まとめコーナートップへ


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク