リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

会社法 持分会社の業務執行社員について

リラックス法学部 商法・会社法をわかりやすく解説 >商法・会社法 持分会社の業務執行社員

 

持分会社の業務執行社員

持分会社は、原則として業務執行社員が会社を代表します。

業務執行社員が2人以上の場合は、各自が会社を代表します。

定款又は定款の定めに基づく社員の互選によって、

業務執行社員の中から

会社を代表する社員を定めることもできます。

会社を代表する者は、会社の業務に関する

一切の裁判上または裁判外の行為において

代表権を有します。

これに制限をくわえても

善意の第三者に対抗することができません。

会社法599条

会社法601条

ということで、今回は持分会社の業務執行社員について説明してまいりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

商法・会社法をわかりやすく解説トップへ

試験対策・要点まとめコーナートップへ


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク