スポンサードリンク

持分会社の業務の執行についてわかりやすく解説

リラックス法学部 商法・会社法をわかりやすく解説 >商法・会社法 持分会社の業務の執行

 

持分会社の業務の執行

持分会社では

原則として、各社員が業務執行をします。

 

業務執行は社員が2人以上の場合は

原則として社員の過半数で決定します。

 

定款で業務執行社員を定めることもでき、

この場合は業務執行社員の過半数で決定します。

 

なお、業務執行社員を定めた場合でも

会社の常務は各社員が単独で行うことができます。

 

また、業務執行社員を定めた場合でも

支配人の選任、解任は

社員の過半数で決定します。

 

(定款で業務執行社員が決定するというの定めを設定することは可能)

 会社法590条

会社法591条

ということで今回は持分会社の業務執行社員について説明してまいりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

商法・会社法をわかりやすく解説トップへ

試験対策・要点まとめコーナートップへ


当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


・試験に役立つ左脳型速読術


関連記事

スポンサードリンク