スポンサードリンク

会社法 新株予約権の払込みについて

リラックス法学部 商法・会社法をわかりやすく解説 >新株予約権の払込みについて

 

新株予約権の払込み

新株予約権の募集事項の決定、

申込みから割当ての手続きは、

募集株式の発行の場合と同じでしたが、

払込みについては少し異なる点があります。

 

新株予約権については、

募集株式の発行の際との違いに注目し、

試験対策をしましょう。

 

募集株式発行の場合は、

払込みに代えて会社に対する債権をもって

相殺することはできませんでしたが、

新株予約権者となるための払込みは、

会社に対する債権で相殺することができます。

 

また、募集株式の発行の場合は

払込みの期日を決めた場合は期日、

期間を定めた場合は出資の履行をした日に

募集株式の株主となりましたが、

新株予約権の発行の場合は、

払込みを待たずに「割当日」に募集新株予約権の

新株予約権者となります。

これらの募集株式との相違点をしっかりとおさえましょう。

 

会社法245条

 会社法246条

 

ということで今回は新株予約権の払込について説明してまいりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

商法・会社法をわかりやすく解説トップへ

試験対策・要点まとめコーナートップへ


・試験に役立つ左脳型速読術


関連記事

スポンサードリンク