リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【宅建士試験対策】建築基準法上の「道路」についての要点をわかりやすく解説

宅建士試験対策として、建築基準法上の

「道路」についての要点をわかりやすく解説します。

 

建築基準法のいう「道路」は、

原則として道路法による道路その他一定のうち、

幅員が4m(6m区域では6m)以上あるものをいいます。

 

特例として幅員が4m(6m区域では6m)未満の道で、

特定行政庁が指定したものも

「道路」とされる場合もあります。

 

原則として、建築物または敷地を造成するための擁壁は、

道路内に、又は道路に突き出して建築、

又は築造することはできません。

(例外として一定の条件を満たし、

建築審査会の同意を得て特定行政庁が許可をして、

認められる場合もあります。)

 

接道義務

建築物の敷地は、原則として

道路(自動車のみの交通の用に供する道路等を除く)に

2メートル以上接しなければなりません

 

例外として、敷地の周囲に広い空き地を有する建築物

その他の国土交通省令で定める基準に適合する建築物で、

特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上、

支障がないと認めて、建築審査会の同意を得て許可した場合は、

2メートル以上接しない建物の敷地も認められます。

 

地方公共団体は、特殊建築物、階数が3以上である建築物、

政令で定める窓その他の開口部を

有しない居室を有する建築物又は

延べ面積が1,000㎡を超える建築物については、

敷地が接しなければならない道路の幅員、

その敷地が道路に接する部分の長さその他その敷地又は

建築物と道路との関係についてこれらの建築物の用途又は

規模の特殊性により、避難又は通行の安全の目的を充分に

達し難いと認める場合においては、

条例で、必要な制限を付加することができます

(緩和することはできません。)

 

私道の変更、廃止の制限

私道の変更、廃止は原則として自由にすることができますが、

それによって接道義務に抵触することとなる場合は、

特定行政庁が、その変更または廃止を禁止・制限することができます。

 

宅建士試験対策・要点まとめコーナートップへ


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク