リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

独立行政委員会とは?

リラックス法学部 憲法をわかりやすく解説 >独立行政委員会とは?

 

行政活動全般を統括する機関が「内閣」ですが、

特定の行政において、内閣かた独立した地位で、

その職権を行使する事が認められた合議制の行政機関を

独立行政委員会といいます。

 

独立行政委員会は、

政治的中立性が要請される行政や、

専門的・技術的な判断が要請される行政について、

中立的な立場や、それぞれのスペシャリストに任せる事によって

行政の円滑化をはかり、

国民の権利の実現を達成しようというのがその存在理由です。

 

例えば、独立行政委員会の例としては、

人事院、公正取引委員会、国家公安委員会、特定個人情報保護委員会、

公害等調整委員会、公安審査委員会、

中央労働委員会、運輸安全委員会、原子力規制委員会

などがあります。

 

憲法65条は、

「行政権は、内閣に属する。」

としていますので、内閣から独立した行政機関を

認める事は、憲法違反になるのではないかという

考え方もできますが、

「憲法65条は内閣はすべての行政について

直接指揮監督することまで要求するものではない」

と解して、

独立行政委員会を国会が直接コントロールできる

体制になっていれば、内閣から独立して行政権を行使しても、

憲法に違反しないと考える説が有力となっています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

憲法の解説コーナートップへ

【憲法】試験対策要点まとめコーナートップへ

憲法判例コーナートップへ


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク