リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【民法判例】カーボン複写の方法によって記載された自筆の遺言 (平成5年10月19日最高裁)

カーボン複写の方法によって記載された自筆の遺言

(平成5年10月19日最高裁)

事件番号  平成4(オ)818

 

この裁判では、

カーボン複写の方法によって記載された自筆の遺言について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

本件遺言書は、Dが遺言の全文、日付及び氏名を

カーボン紙を用いて複写の方法で記載したものであるというのであるが、

カーボン紙を用いることも自書の方法として許されないものではないから、

本件遺言書は、民法968条1項の自書の要件に欠けるところはない。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

民法判例(親族・相続)をわかりやすく解説


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク