スポンサードリンク

【民法判例】先後関係が不明である差押債権者と債権譲受人との間の優劣 (平成5年3月30日最高裁)

先後関係が不明である差押債権者と債権譲受人との間の優劣

(平成5年3月30日最高裁)

事件番号  昭和63(オ)1526

 

この裁判では、

同一の債権について差押通知と確定日付のある譲渡通知との

第三債務者への到達の先後関係が不明である場合における

差押債権者と債権譲受人との間の優劣について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

国税徴収法に基づく滞納処分としての債権の差押えをした者と

同一債権の譲受人との間の優劣は、

債権差押えの通知が第三債務者に送達された日時と

確定日付のある債権譲渡の通知が

当該第三債務者に到達した日時又は

確定日付のある第三債務者の承諾の日時との

先後によって決すべきである。

 

したがって、右各通知が第三債務者に到達したが、

その到達の先後関係が不明であるために、

その相互間の優劣関係を決することができない場合には、

右各通知が同時に第三債務者に到達した場合と同様に、

差押債権者と債権譲受人との間では、互いに相手方に対して

自己が優先的地位にある債権者であると

主張することが許されない関係に立つものというべきである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例コーナートップへ

民法初学者の部屋


・試験に役立つ左脳型速読術


サイト内検索
関連記事

スポンサードリンク