スポンサードリンク

【民法判例】共同相続人の一人が遺産の不動産に対する共有持分権を譲渡した場合 (昭和53年7月13日最高裁)

共同相続人の一人が遺産の不動産に対する共有持分権を譲渡した場合

(昭和53年7月13日最高裁)

事件番号  昭和52(オ)1171

 

この裁判では、

共同相続人の一人が遺産の不動産に対する共有持分権を譲渡した場合について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

共同相続人の一人が遺産を構成する特定の不動産について

同人の有する共有持分権を第三者に譲り渡した場合については、

民法905条の規定を適用又は

類推適用することはできないものと解すべきである。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

民法判例(親族・相続)をわかりやすく解説


当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


・試験に役立つ左脳型速読術


関連記事

スポンサードリンク