リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【民法判例】占有の訴に対して本権に基づく反訴を提起することの許否 (昭和40年3月4日最高裁)

占有の訴に対して本権に基づく反訴を提起することの許否

(昭和40年3月4日最高裁)

事件番号  昭和38(オ)654

 

この裁判では、

占有の訴に対して本権に基づく反訴を

提起することの許否について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

民法202条2項は、

占有の訴において本権に関する理由に基づいて

裁判することを禁ずるものであり、従って、

占有の訴に対し防禦方法として

本権の主張をなすことは許されないけれども、

これに対し本権に基づく反訴を提起することは、

右法条の禁ずるところではない

 

そして、本件反訴請求を本訴たる占有の訴における

請求と対比すれば、牽連性がないとはいえない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例コーナートップへ

民法初学者の部屋


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク