スポンサードリンク

行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法

大学生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本

行政書士受験生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本


【民法判例】母と非嫡出子間の親子関係と認知 (昭和37年4月27日最高裁)

 母と非嫡出子間の親子関係と認知

(昭和37年4月27日最高裁)

事件番号  昭和35(オ)1189

 

この裁判では、

母と非嫡出子間の親子関係と認知について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

母とその非嫡出子との間の親子関係は、原則として、

母の認知を俟たず、分娩の事実により

当然発生すると解するのが相当であるから、

被上告人が上告人を認知した事実を確定することなく、

その分娩の事実を認定したのみで、

その間に親子関係の存在を認めた原判決は正当である。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

民法判例(親族・相続)をわかりやすく解説


行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法

大学生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本

行政書士受験生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本


スポンサードリンク

関連記事