スポンサードリンク

【民法判例】特定物の売買と所有権移転の時期 (昭和33年6月20日最高裁)

特定物の売買と所有権移転の時期

(昭和33年6月20日最高裁)

事件番号  昭和31(オ)1084

 

この裁判では、

特定物の売買と所有権移転の時期について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

売主の所有に属する特定物を目的とする売買においては、

特にその所有権の移転が将来なされるべき

約旨に出たものでないかぎり、買主に対し

直ちに所有権移転の効力を生ずるものと解するを相当とする。

 

そして原審は、所論(丙)の建物については、

売主(上告人)の引渡義務と買主(被上告人)の代金支払義務とは

同時履行の関係にある旨を判示しているだけであって、

右建物の所有権自体の移転が、代金の支払または登記と

同時になさるべき約旨であつたような事実を認めていないことは、

原判文上明白である。それ故、原判決には、

所論のような違法はなく、論旨は採用できない。

 

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例コーナートップへ

民法初学者の部屋


約40年ぶりに変わる相続法の概要を簡単にわかりやすく解説

当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


ソフトバンクの回線のwifiルーター

月額2,760円(税抜)〜 

NEXT mobile
関連記事

スポンサードリンク