スポンサードリンク

【民法判例】賃貸人の修繕義務の不履行と賃借人 (平成21年1月19日最高裁)

賃貸人の修繕義務の不履行と賃借人

(平成21年1月19日最高裁)

事件番号  平成19(受)102

 

この裁判では、

店舗の賃借人が賃貸人の修繕義務の不履行により

被った営業利益相当の損害について,

賃借人が損害を回避又は減少させる措置を

執ることができたと解される時期以降に

被った損害のすべてが民法416条1項にいう

通常生ずべき損害に当たるかについて

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

事業用店舗の賃借人が,賃貸人の債務不履行により

当該店舗で営業することができなくなった場合には,

これにより賃借人に生じた営業利益喪失の損害は,

債務不履行により通常生ずべき損害として

民法416条1項により賃貸人に

その賠償を求めることができると解するのが相当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例コーナートップへ

民法初学者の部屋


約40年ぶりに変わる相続法の概要を簡単にわかりやすく解説

当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


ソフトバンクの回線のwifiルーター

月額2,760円(税抜)〜 

NEXT mobile
関連記事

スポンサードリンク