リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説


スポンサードリンク

債務不履行の損害賠償請求の過失相殺について解説

リラックス法学部 > 初学者の部屋 > 債務不履行の損害賠償請求の過失相殺について解説

 

債務者が正当な理由もなく、債務の本旨に従った履行をしないことを

債務不履行といいますが、

債権者はこれによって被った損害の賠償を請求できます。

債務不履行に基づく損害賠償請求は、強制履行や契約の解除と

ともにすることができます。

債務不履行に基づく損害賠償の範囲は、原則として通常生ずべき損害と、

当事者が予見し、または予見できた損害となりますが、

今回は、債権者にも落ち度があった場合の過失相殺について説明していきます。

 

過失相殺

(過失相殺)

第四百十八条  債務の不履行に関して債権者に過失があったときは、裁判所は、

これを考慮して、損害賠償の責任及びその額を定める。

 

債務不履行に関して債権者にも落ち度があった場合に、

損害賠償責任の有無、その額について裁判所がこれを決めます。

債権者に過失があれば、必ず考慮されるという事に注意しましょう。

債務者の責任を免責(責任ナシ)することもできます。

不法行為に基づく損害賠償請求の場合は、

過失相殺「できる」となっていますので注意しましょう。

 

(損害賠償の方法及び過失相殺)

第七百二十二条  第四百十七条の規定は、不法行為による損害賠償について準用する。

2  被害者に過失があったときは、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の額を定めることができる。

 

 

ということで、今回は債務不履行の損害賠償請求の過失相殺について説明してまいりましたが、

試験においては不法行為の損害賠償請求の場合との比較で問われることもあるかと

思いますので、債務不履行の場合の必要的な過失相殺と、

不法行為の場合の任意的な過失相殺をしっかり覚えておきましょう。

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋トップへ

試験対策・要点まとめコーナートップへ


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】をリラックス法学部のヨネヤマが実際に購入して試してみました。