リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

共有物の分割についてわかりやすく解説

リラックス法学部 > 初学者の部屋 > 共有物の分割についてわかりやすく解説

 

共有物の分割とは、共有状態を解消することです。

例えば共有物を割合で所有するのでなく、

物理的に分けて単独所有の状態にしたり

現物分割といいます)、

共有物を売却して、

そのお金を分配したり(代金分割)、

共有者の一人が他の共有者に

金銭を支払って単独所有の状態にする(価格賠償

などの方法があります。

 

共有者どうしの話し合いによる分割は、

当事者間で納得のいく分け方ならば、

どのような方法でも可能です。

 

共有者の協議がまとまらない場合、

分割に応じない者がいるときは、

裁判所に分割を請求することができます。

 

この場合、原則として現物分割となりますが、

代金分割、価格賠償による方法によることもできます。

 

各共有者は、いつでも

共有物の分割を請求することができます。

ただし、5年を超えない期間を定めて

分割請求をしないという契約をすることもできます。

共有物不分割特約

 

5年を超える期間で契約をすると無効

となりますので注意しましょう。

 

なお、共有物不分割特約は更新することもできます。

その際も更新の時から

5年を超えない期間内という事になります。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋トップへ

試験対策・要点まとめコーナートップへ

 


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク