リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説


スポンサードリンク

根抵当権とは?わかりやすく簡単に解説しました

リラックス法学部 > 初学者の部屋 > 根抵当権とは?わかりやすく簡単に解説しました

 

根抵当権(ねていとうけん)とは、

抵当権に融通を効かせて、商売をしている方に便利に使えるようにした

バージョンとイメージしていただければと思います。

抵当権を設定した場合、被担保債権を弁済すれば抵当権は消滅します。

商売をしている方が取引の度に抵当権を設定し、

支払いがあるたびに抵当権を消滅ということもできるのですが、

頻繁に取引する相手と、何度も抵当権を設定したり抹消したり

するのは、非常に手間です。

登記のコストもかかります。

そこで、極度額という抵当権が担保する額のマックスを決めて、

取引の種類を定めて、何度も行う取引を束ねて担保するというのが根抵当権です。

 

例えば極度額1,000万円と定めて、

100万円の取引、200万円の取引などを何度も繰り返して、

弁済も繰り返され、債権額は増えたり減ったりを繰り返して、

最終的に「この額を弁済したら根抵当権が消滅する」という額が決まることを、

元本の確定といいますが、

確定した元本の額を弁済すると根抵当権は消滅します。

 

(根抵当権)

第三百九十八条の二  抵当権は、設定行為で定めるところにより、

一定の範囲に属する不特定の債権を極度額の限度において担保するためにも設定することができる。

2  前項の規定による抵当権(以下「根抵当権」という。)の担保すべき不特定の債権の範囲は、

債務者との特定の継続的取引契約によって生ずるものその他債務者との

一定の種類の取引によって生ずるものに限定して、定めなければならない。

3  特定の原因に基づいて債務者との間に継続して生ずる債権又は手形上若しくは小切手上の請求権は、

前項の規定にかかわらず、根抵当権の担保すべき債権とすることができる。

 

「一定の種類の取引によって生ずるものに限定して」

定めなければならないことに注意しましょう。

 

根抵当権には「元本の確定」という重要なポイントがあると説明をしました。

要は「この金額を弁済したら根抵当権が消滅する」という金額が決まることを、

「元本の確定」といいます。

この額が決まるまで、つまり元本が確定するまでは、

弁済により債権額が0になっても根抵当権は消滅しません。(付従性がない

 

また、元本が確定するまで随伴性はありません。

債権を譲渡し、債権者と債務者の間から債権が離れると、

その債権に根抵当権の効力は及ばず無担保債権となります。

 

元本確定後の根抵当権は、普通の抵当権とほぼ同じ扱いになると考えて

差し支えありません。

ただ、抵当権は利息は最後の2年分までという制約がありましたが、

根抵当権は極度額の範囲内であればこのような制約がなくすべて担保されます。

 

ということで、根抵当権について説明してまいりましたが、

大多数の人が「よくわからない」とつまづくポイントです。

現在法律家の多くの方も初めはつまづいたと思います。

ですので、安心してつまづいてください(笑)

何度も触れるうち、ジワジワわかってきますので、

あまり焦らず、一通り民法を学習してから何度も触れて馴染むことが重要かと思います。

まあ、根抵当権は元本確定後は普通の抵当権と同様に考えて良いので、

まずは抵当権の規定をしっかりとおさえ、

その上で、根抵当権の特徴として、

元本確定前の事項の理解に取り組むのがよいと思います。

また、どんな場合に元本が確定するのかという点も重要ですので、

また別の回で説明いたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋トップへ


試験対策・要点まとめコーナートップへ


PlayStation4/Newニンテンドー2DSLL ドラクエⅪ 同梱版4/28予約開始!
サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】をリラックス法学部のヨネヤマが実際に購入して試してみました。