リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説


スポンサードリンク

根抵当権の元本の確定と確定事由ついて解説

リラックス法学部 > 初学者の部屋 > 根抵当権の元本の確定と確定事由ついて解説

 

根抵当権の元本の確定ついて解説

今回は根抵当権の元本の確定について解説していきます。

根抵当権とは、商売をしている方のために抵当権に融通を効かせたバージョンです。

抵当権は設定した債権額を弁済すると消滅するわけですが、

根抵当権は何度も取引を繰り返すことを継続し、

その間に債権額が0の状態になっても消滅しません。

「元本の確定」とは「この額(債権)を弁済したら根抵当権が消滅する」

という額(債権)が決まることだと

イメージしていただければと思います。

元本が確定した後の根抵当権は、普通の抵当権と同じものと考えていただければ

よいです。

つまり、根抵当権を学習する上でのキモは、

元本確定前の特徴と、どんな時に元本が確定するのか

というところです。

 

今回はどんな時に元本が確定するのかを説明していきます。

(元本確定前の特徴はこちらをご参照ください↓

根抵当権についてわかりやすく解説

 

元本の確定事由

◯確定期日の到来

これははじめから、元本が確定する日を決めておいて、

その日が来たら元本が確定するというものです。

確定期日を定める場合は契約の日から5年以内の日でなければなりません。

 

◯根抵当権者からの確定請求

確定期日の定めがない場合根抵当権者はいつでも確定請求をできます。

請求の時に元本が確定します。

 

◯根抵当権設定者からの確定請求

「設定者」であって「債務者」ではないことに注意しましょう。

設定者は根抵当権が設定された不動産の持ち主です。

債務者と設定者が同一人物の事もありますが、

異なる場合もありますので注意です。

根抵当権設定者は、根抵当権の設定の時から三年を経過したときは、

元本の確定を請求することができます。

この場合請求の時から二週間を経過することによって確定します。

根抵当権者の場合、請求の時に確定しますが、設定者からの請求の場合、

2週間を経過してから元本が確定することに注意しましょう。

根抵当権者はお金を貸す側なので、「これでやめ」と言った時に確定してよいのですが、

設定者が確定を請求した時とすれ違いに、根抵当権がお金を貸した時(債権が生じた時)、

根抵当権がそのお金も根抵当権によって担保されるつもりで貸したのに、

元本が確定しまった後に貸すとその債権が根抵当権により担保されないことになり、

お金を貸した側が不意打ちをくらってしまうことになるからだとイメージしてください。

 

ということで、この段階で結構ややこしいと思いますが、

元本の確定事由はまだまだあります…(笑)

 

初学者の方はとりあえず上記のものを理解し、

後は箇条書きで記載しておきますので、

サラッと目を通し、後ほどじっくり学習してみてください。

 

◯抵当不動産の競売・担保不動産収益執行等の手続きの開始

◯根抵当権者が抵当不動産に対して滞納処分による差押えをしたとき

◯根抵当権者が抵当不動産に対する競売手続の開始または滞納処分による差押えがあったことを

知ったときから2週間が経過したとき

◯債務者または根抵当権者が破産開始の決定を受けたとき

◯債権者または債務者の相続開始後6ヶ月以内に指定根抵当権者の合意の登記又は

指定債務者の合意の登記をしない時は、担保すべき元本は、相続開始の時に確定したものとみなされる

◯会社の合併、分割時の確定請求(結構複雑ですのでここでの説明は割愛します)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋トップへ


試験対策・要点まとめコーナートップへ


PlayStation4/Newニンテンドー2DSLL ドラクエⅪ 同梱版4/28予約開始!
サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】をリラックス法学部のヨネヤマが実際に購入して試してみました。