リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

民法 動産に関する物権の変動の対抗要件(178条)に関する有名・重要判例

リラックス法学部 判例集 >民法 動産に関する物権の変動の対抗要件(178条) 判例集

 

民法178条

民法178条関連判例

・従物たる畳・建具を

主物の建物と同時に譲渡した場合、

建物について所有者移転登記があれば

畳・建具の将とも第三者に対抗できる。

 (大判昭10・1・25)

 

・動産について賃借権を有する事を主張し、

これを占有する者は本条の第三者にあたる。

 (大判大4・4・27)

 

・動産の寄託を受けて一時的に

これを保管している者は、

この動産の譲渡について

正当の利害関係を有しないから、

本条の第三者にはあたらない。

(最判昭29・8・31)

 

・A所有の動産がBの占有にある間に、

Bの債権者甲によって、仮差押えがされても、

甲はAから所有権を譲り受けたCに対して、

引き渡しの欠缺を主張する正当な理由を有しない。

(最判昭33・3・14)

 

スポンサードリンク


 

・果実(みかん)は樹木に

定着したまま売買できるが、

この所有権の取得を第三者に

対抗するためには果実の定着する地盤または

樹木の引き渡しを受けて、

いつでも果実を収去できる事実状態を

作り出すと同時に外部からもその状態を

明認されうる手段方法を講じなければならない。

(大判大5・9・20)

 

民法179条

 

民法179条関連判例

・特定の土地について所有権と賃借権とが

同一人物に帰属するに至っても、

その賃借権が対抗要件を具備したものであって、かつ、

その対抗要件の具備後に

この土地に抵当権が設定されていたときは、

本条一項但書の準用により、

賃借権は消滅しない。

(最判昭46・10・14)

 

民法判例集

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋 

試験対策・要点まとめコーナー


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク