リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

民法 抵当権 留置権等の規定の準用(372~377条)に関する有名・重要判例

リラックス法学部 判例集 > 民法 抵当権 留置権等の規定の準用(372~377条)判例集

 

民法371条 

民法372条関連判例

・抵当権に基いて

物上代位権を行使する債権者は、

他の債権者による債権差押事件に

配当要求することによって優先弁済を受ける事はできない。

 (最判平13・10・25)

 

・抵当権者は抵当不動産の賃借人を

所有者と同視できる場合を除き、

この賃借人がが取得すべき転貸賃料債権について

物上代位権を行使することはできない。

 (最決平12・4・14)

 

・買戻特約付きで売買された不動産について

後れて抵当権の設定を受けたものは、

買い戻しによって、

抵当権を対抗することができなくなるが、

買戻権の行使による買戻代金債権に

物上代位することができる。

(最判平11・11・30)

 

 

・抵当権者が物上代位権を行使した

賃料債権の差押え後は、

抵当不動産の賃借人は抵当権設定登記の後に

賃貸人に対して取得した債権を

自働債権とする賃料債権の相殺を、

抵当権者に対抗することはできない。

(最判平13・3・13)

 

スポンサードリンク


 

民法373条 

 

 

民法375条

 民法376条関連判例

・転抵当権者の債権と原抵当権者の債権が、

同額または前者の方が多額である場合、

原抵当権者は、抵当権の実行をすることができない。

(大決昭和7・8・29)

 

民法377条

 民法377条関連判例

・転抵当権者は本条一項の対抗要件を備えなくても、

転抵当権設定登記の付記登記を経ていれば、

原抵当権設定登記の虚偽仮装を理由とした抹消について、

利害関係ある第三者の地位を有する。

 (最判昭和55・9・11)

 

民法判例集

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋 

試験対策・要点まとめコーナー


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク