リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

民法 遺産分割(906条~909条)に関する有名・重要判例

リラックス法学部 判例集 > 民法 遺産分割(906条~909条)判例集

 

 民法907条

 民法907条関連判例

・遺産分割協議が成立した場合に、

相続人の一人がこの協議において負担した

債務を履行しないときであっても、

その債権を有する相続人は541条の規定による

解除をすることはできない。

(最判平1・2・9)

 

民法541条

・共同相続人はすでに成立した

遺産分割協議を全員の合意で解除して、

改めて分割協議を成立させることができる。

(最判平成11・6・11)

 

 民法908条

 

・特定の遺産を特定の相続人に

「相続させる」という趣旨の遺言は、

遺言書の記載からそれが

遺贈であることが明らかであるか、

遺贈と解すべき特段の事情がない限り、

当該相続財産をその特定の相続人に

単独で相続させる遺産分割の方法が

指定されたものと解するべきである。

(最判平3・4・19)

 

民法909条

 

民法909条関連判例

・相続財産の不動産について、

法定相続分と異なる権利を取得した相続人は、

その旨の登記を経なければ

分割後に当該不動産を取得した第三者に対抗する事ができない。

(最判平17・9・8)

 

民法判例集

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋 

試験対策・要点まとめコーナー


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク