リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

民法第427条~第465条-5 のポイントについてわかりやすく解説

リラックス法学部 リラックス条文 >民法第427条~第465条-5

 

 民法第427条は多数当事者の債権及び債務の総則、

428条~431条は不可分債権及び不可分債務、

432条~445条は連帯債務、

446条~465条は保証債務の総則、

465条の2~465条の5は貸金等根保証契約

 について規定しています。

 

不可分債権、不可分債務において

一人の不可分債権者(不可分債務者)の行為が、

他の不可分債権者(不可分債務者)

に与える影響をおさえましょう。

 

連帯債務について、連帯債務者の一人に

相殺、更改、免除、混同、時効が生じた場合、

他の連帯債務者にどのような影響を及ぼすのか、

条文で確認しましょう。

 

保証についてはまず効力要件を確認しましょう。

保証契約は書面でしなければ、

その効力を生じません。

(446条2項)

 

保証の範囲や、取り消すことができる

債務の保証について、

保証人の要件などを確認しましょう。

 

また、委託を受けた保証人と委託を

受けない保証人の事前求償権に関する規定を

しっかり比較しておぼえましょう。

 

465条の2からの貸金等根保証契約に関しては、

おそらく司法書士試験、行政書士試験では

あまり問われる事はないかと思いますので、

ザッと目を通す程度にしておきましょう。

 

スポンサードリンク


 

リラックス条文 民法条文427条~445条 癒やし音楽を聴きながら法律勉強

 癒やし音楽を聴きながら、法律を覚えましょう。

司法書士試験・行政書士試験をはじめ、その他、法律を勉強している方に休憩時間

にリラックスして知識の整理にご覧いただければ幸いです。

 

 リラックス条文 民法条文446条~465条

 

 

 

民法判例集

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋 

試験対策・要点まとめコーナー


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク