リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説


スポンサードリンク

民法第586条~第696条

リラックス法学部 リラックス条文 >民法第586条~第696条

 

 

債権編 契約

民法第586条~第696条では債権編の契約の中の、交換、消費貸借、

使用貸借、賃貸借、雇用、請負、委任、寄託、組合、終身定期金、和解

について規定しています。

 

消費貸借、使用貸借、賃貸借、この3つは比較して共通点、相違点を

整理してそれぞれの契約をしっかり理解しましょう。

たとえば、物を受け取る事によって効力が生ずる要物契約なのか、

約することによって、効力を生ずる諾成契約なのかの比較や、

担保責任や返還の時期など、それぞれの契約でしっかり区別しておぼえましょう。

また、賃貸借契約の存続期間は何年まで設定できるのか、

それを超えた期間を設定した場合

どのような扱いになるのか、

これまでの条文でも似たような期間の規定がありましたね?

256条や、580条の規定です。

だんだん年数やそれを超えた場合の扱いがゴチャゴチャ

してくると思うので、整理しましょう。

 

605条に対抗力の規定があります。

賃借権は債権ですが登記する事ができますので確認しましょう。

 

また賃貸借契約を解除した場合は将来に向かってのみその効力が生ずる事も

条文で確認しましょう。

雇用、請負、委任は実生活で考えれば、仕事をしてお金をもらう場合に

どんな契約なのかという事をイメージしてこれらの規定を勉強すると、

それぞれの契約の理解しやすく、また記憶に残りやすいと思います。

仕事が結果に対しての報酬なのか、労働に対する報酬なのか、

を確認し、その他の細かい規定に関しても重要なものばかりですので、

丁寧に他の契約との共通点、相違点を比較して学習しましょう。

また準用規定もきちんと確認しましょう。

 

例えば、652条で「620条の規定は、委任について準用する。」

とあります。きちんと「620条ってなんだっけ?」と、

620条を確認しましょう。

 

ちょっと面倒くさいと思うかもしれませんが、結果的に620条の確認にもなるので、

効率的に知識が定着していきます。

 

その他の契約に関してもしっかり条文を確認し、しっかり知識を身につけていきましょう。

 

 

リラックス法学部 民法条文586条~600条 癒やし音楽を聴きながら法律勉強

 

 

 

 民法条文601条~631条 癒やし音楽を聴きながら法律勉強

 

 

民法条文632条~642条 癒やし音楽を聴きながら法律勉強

 

 

 

民法条文643条~696条 癒やし音楽を聴きながら法律勉強

 

 

民法判例集

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋 

試験対策・要点まとめコーナー


PlayStation4/Newニンテンドー2DSLL ドラクエⅪ 同梱版4/28予約開始!
サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】をリラックス法学部のヨネヤマが実際に購入して試してみました。