スポンサードリンク

事務管理、不当利得、不法行為の規定・民法第697条~第724条のポイントをわかりやすく解説

リラックス法学部 リラックス条文 >民法第697条~第724条

 

697条~724条は

事務管理、不当利得、不法行為

について規定しています。

 

事務管理とはどのようなものなのか、

事務管理を始めると、

どのような義務が課せられるのか、

しっかりと確認しましょう。

 

また701条に委任の規定(645条~647条)を

準用していますので、

これら委任の規定を確認し、

委任の復習も兼ねて、

事務管理との共通点を確認し

知識を確かなものにしていきましょう。

 

703の不当利得とはどのようなもので、

どのような義務を負うのか確認しましょう。

また重要な判例もたくさんありますので

判例も確認しましょう。

 

債務の不存在を知ってした

弁済、期限前の弁済、

他人の債務の弁済をした場合、

不法原因のためにした給付などの規定は、

試験の場合、文章の中に

これらの事柄を述べたうえで、

「返還を請求する事ができるか?」

というような出題が考えられますので、

そういった事を想定しながら

条文を確認していただくとよいと思います。

 

使用者等の責任、

土地の工作物等の占有者及び所有者の責任に関して

試験では、事例をあげて、

誰がどのような責任を負うのかを問われる

事が多いと予想されますので、

条文と判例を確認し、

どんな問われ方をするのかを想像しながら

学習していくとよいと思います。

 

不法行為に関しても条文を確認し、

判例を確認し、どんな問われ方を

するのかを想定して学習していきましょう。

 

また不法行為による

損害賠償請求権の期間の制限について、

いつから年年間行使できるのかを

明確にしておきましょう。

 

民法判例集

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋 

試験対策・要点まとめコーナー

 


当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


精神的な弱さを改善する方法


関連記事

スポンサードリンク