スポンサードリンク

後見に関する規定・民法第838条~第881条のポイントを解説

リラックス法学部 リラックス条文 >民法第838条~第881条

 

民法第838条~第881条では

後見について規定しています。

 

838条は後見の開始、839条~847条は後見人、

848条~852条は後見監督人、

853条~869条は後見の事務、

870~875条は後見の終了、

876条~876条の5は保佐、

876条の6~10は補助、

877条~881条は扶養について規定しています。

 

後見が開始するのはどんな時か、

未成年後見人はどのように選任されるのか、

未成年後見人は複数人でもよいのかなど、

条文でしっかりと確認しましょう。

 

総則編でも規定のあった

成年後見、保佐、補助の規定とあわせて

後見制度について条文で確認していきましょう。

 

後見人、後見監督人の選任、

辞任、解任、欠格事由について

準用規定とあわせて確認していきましょう。

 

扶養についてはどんな間柄において

扶養義務が生じるのか、

また、特別の事情がある場合に

家庭裁判所が扶養の義務を負わせる事ができるのは

どのような間柄なのか、確認しておきましょう。

 

出題の仕方としては、この

「特別の事情がある場合に

家裁が扶養の義務を追わせる事ができる」

という部分がない状態で単純に

「この間柄には扶養義務がある」

というような正誤問題で出題される事も考えられます。

 

ぼんやり条文が頭にあって、

「そういえばそんな事も書いてあったな」

と答えてしまうと

落とし穴に落ちてしまう事になりますので、

常に扶養義務が生じるのはどんな間柄で、

特別の事情がある場合に

家庭裁判所が義務を負わせる事ができるのは

どんな間柄か、明確に覚えましょう。

 

 

民法判例集

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋 

試験対策・要点まとめコーナー


当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


精神的な弱さを改善する方法


関連記事

スポンサードリンク