リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

物、意思表示、代理についての規定、民法第85条~第118条のポイント解説

リラックス法学部 リラックス条文 >民法第85条~第118条

 

民法第85~89条は

「物」に関して規定しています。

 

民法90条からは法律行為について

規定しています。

 

90条~92条は総則、93条から

98条の2が意思表示、

99条から118条で

代理について規定しています。

 

93条から98条の2が意思表示の部分は

行政書士試験・司法書士試験において

非常に重要な箇所ですので、

しっかりと条文・判例を頭に叩き込みましょう。

 

心裡留保、虚偽表示、錯誤、詐欺又は

強迫の部分は知識があいまいにならないように、

何度もこまめにチェックすべきでしょう。

 

「取消し」なのか「無効」なのか、

善意の第三者に対抗できるもの、

できないものなど整理しましょう。

 

また、それぞれの条文に

類推適用される判例なども覚える必要があります。

 

とにかくまずは条文を

きっちり覚えておきましょう。

 

99条から118条の代理も

非常に重要です。

 

勉強が進んでいくと、

なんだかぼんやりわかった気になって

いざ問題に取り組むと足もとを

すくわれがちになる分野ですので、

練習問題をこなすだけでなく、

条文をしっかり確認し、頭に叩きこみましょう。

試験の問題は条文をもとに形を変えて出題されますので、

大もとの条文知識を固めて、

冷静にすみやかに問題に

対応できる足腰を鍛えましょう。

 

スポンサードリンク


 

 民法第85条~第118条

 癒やし音楽を聴きながら、

ふざけた絵で法律を覚えましょう。

司法書士試験・行政書士試験をはじめ、その他、

法律を勉強している方に休憩時間に

リラックスして知識の整理にご覧いただければ幸いです。

 

 リラックス条文 民法第85条~第118条 癒やし音楽を聴きながら法律勉強


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク