リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

不法行為の損害賠償、過失相殺についてわかりやすく解説

リラックス法学部 >民法初学者の部屋②債権各論・家族法(親族法・相続法) >不法行為の損害賠償、過失相殺についてわかりやすく解説

 

故意または過失によって

他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、

これによって生じた損害を賠償する責任を負います。

 

民法上の不法行為には

一般の不法行為と特殊の不法行為に分類されます。

不法行為成立の一般原則について定めたのが

一般不法行為の規定で、

特別の事情を考慮して修正を加えているのが

特殊の不法行為の規定となっています。

今回は一般的不法行為について解説していきます。

 

一般的不法行為

一般的不法行為の成立要件は、

加害者に責任能力と故意又は過失があり、

権利、法律上保護される利益への侵害に違法性があり、

それと因果関係のある損害があることです。

 

不法行為が成立すると、

被害者は加害者に対して損害の賠償を請求することができ、

その方法は原則として金銭による賠償です。

 

名誉毀損の場合は裁判所の請求により、

名誉回復のための

適当な処分を命じる場合もあります。

 

不法行為による生命侵害の場合、被害者の父母、配偶者、子は

慰謝料を請求をすることができます。

 

不法行為の損害賠償と過失相殺について

裁判所は、被害者に過失があった場合には、

損害賠償の額の算定にあたり

これを考慮することができます。

 

(損害賠償の方法及び過失相殺)

第七百二十二条  

第四百十七条の規定は、不法行為による損害賠償について準用する。

2  被害者に過失があったときは、裁判所は、

これを考慮して、損害賠償の額を定めることができる。

 

不法行為による過失相殺は、

損害賠償の額を減額することはできますが、

不法行為責任を免除することはできません。

 

また、債務不履行の場合は裁判所は

必要的に過失相殺をしますが、

不法行為の場合は裁判所が過失相殺するかどうかは

任意(過失相殺しなくてもよい)です。

 

スポンサードリンク


 

不法行為による損害賠償請求権の消滅時効

不法行為による損害賠償請求権は、

被害者(又はその法定代理人)が

損害及び加害者を知った時から、

三年間行使しないと消滅します。

 

行為の時から20年経過した場合も消滅します。

「損害及び加害者」というところに注意しましょう。

 

試験では「損害又は加害者…」

というふうなひっかけ問題が予想されますので

気をつけましょう。

 

「被害者にとって加害者を知らない時から

3年間の時効が進行してしまうのでは、

酷だ」と覚えるとよいかもしれません。

 

(不法行為による損害賠償請求権の期間の制限)

第七百二十四条  

法行為による損害賠償の請求権は、

被害者又はその法定代理人が

損害及び加害者を知った時から三年間行使しないときは、

時効によって消滅する。

不法行為の時から二十年を経過したときも、

同様とする。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋トップへ

 

試験対策・要点まとめコーナートップへ


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク