リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

民法 担保物権 留置権とは?わかりやすく解説

リラックス法学部 民法をわかりやすく解説 >留置権とは?わかりやすく解説

 

今回は担保物権のひとつ

留置権について説明していきます。

 

留置権は担保物権の中の法定担保物件で、

要件を満たした場合、

法律上当然に発生する権利です。

 

留置権とは、簡単にいいますと、

車を修理に出して、修理をした工場は

車の所有者が修理代金を払わない場合

車を借金のカタとして

留置しておくことができるというような権利です。

 

(留置権の内容)

第二百九十五条  

他人の物の占有者は、

その物に関して生じた債権を有するときは、

その債権の弁済を受けるまで、

その物を留置することができる。

ただし、その債権が弁済期にないときは、この限りでない。

 

2  前項の規定は、占有が

不法行為によって始まった場合には、適用しない。

 

このように留置できるという効力を

「留置的効力」といいます。

 

留置権には優先弁済権がなく、

留置することによって相手の履行を促すという

心理的な効力にとどまります。

 

スポンサードリンク


 

先ほどの車の修理の例で、

裁判になり車の引渡し請求と

留置権の主張で争った場合は、

判決は請求棄却ではなく

引換給付判決がなされます。

 

留置権には不可分性があり、

債務の全部の弁済を受けるまで、

留置することができます。

(車のパーツを徐々に一個一個返していったら

また組み立てをお願いしなきゃいけなくなりますからね)

 

(留置権の不可分性)

第二百九十六条  

留置権者は、債権の全部の弁済を受けるまでは、

留置物の全部について

その権利を行使することができる。

 

留置権には優先弁済権はないという

説明をいたしましたが、

果実に関しては

留置権者が収取し、

優先的に回収することができます。

 

(留置権者による果実の収取)

第二百九十七条  

留置権者は、留置物から生ずる果実を収取し、

他の債権者に先立って

これを自己の債権の弁済に充当することができる。

 

2  前項の果実は、まず債権の利息に充当し、

なお残余があるときは元本に充当しなければならない。

 

という事で、今回は留置権の概要について説明してまいりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋トップへ

試験対策・要点まとめコーナートップへ


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク