リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

民法 抵当権 共同抵当における代位の配当(392条)に有名・重要判例

リラックス法学部 判例集 > 民法 抵当権 共同抵当における代位の配当(392条)判例集

 

 民法392条

民法392条関連判例

・本条二項の「次順位の抵当権者」とは

直近の後順位者のみを指すものではない。

(例えば1番抵当権から4番抵当権まである場合、

2番抵当権者だけが

「次順位の抵当権者」

ではなく、3番4番抵当権者も

「次順位の抵当権者」にあたる)

 (大判大11・2・13)

 

・共同抵当権の目的たるA・B不動産が

同一の物上保証人の所有に属し、

A不動産に後順位の抵当権が

設定されている場合、

A不動産の代価のみを配当する時は、

後順位抵当権者は、

本条二項後段の規定に基づき、

先順位の共同抵当権者が

本条一項の規定に従い

B不動産から弁済を

受けることができた金額に至るまで、

先順位の共同抵当権者に代位して、

B不動産に対する抵当権を

行使することができる。

 (最判平4・11・6)

 

・債務者所有のA不動産と物上保証人所有の

B不動産とを共同抵当の目的として、

順位が異なる数個の抵当権が設定されている場合、

B不動産が先に競売されて、

その競売代金の交付により

一番抵当権者が弁済を受けたときは、

物上保証人は債務者に対して

求償権を取得するとともに、

代位によってA不動産の

一番抵当権を取得するが、

B不動産の後順位抵当権者は

物上保証人に移転したこの抵当権から

優先して弁済を受けることができる。

(最判昭和53・7・4)

 

スポンサードリンク


 

 民法393条・394条 

民法394条関連判例

・本条一項は、抵当権者が抵当不動産以外の

債務者の財産からまず弁済を受けようとする場合に、

他の債務者がこれに異議を

述べる権利を与えたものである。

抵当権者と債務者との関係で、

抵当権者が制約を受ける旨を定めたものではない。

 (大判大15・10・26)

 

 民法395条

 民法396条

 

民法398条関連判例

・抵当権が設定された借地上の

建物の所有者による借地権の放棄は、

本条の類推適用によって、

抵当権者に対抗することができない。

(大判大11・11・24)

 

民法判例集

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋 

試験対策・要点まとめコーナー


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク