リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

民事保全法 仮差押えと仮処分の違いをわかりやすく解説

リラックス法学部 民事訴訟法・民事執行法・民事保全法をわかりやすく解説 >民事保全法 仮差押えと仮処分の違い

 

 保全命令には仮差押えと仮処分がありますが、

今回はその違いについて説明していきます。

 

まず、仮差押は

金銭債権を目的としたものです。

民保20条

 

条件付き又は期限付きの債権を

被保全債権とすることもできます。

 

民保20条2

 

このように、仮差押をする場合は

そもそも「お金で解決する争い」を

しているという事なので、

債務者がお金をつめば仮差押を

解放するという仕組みがあり、

裁判所は必ず、債務者が

いくらお金をつめば仮差押から解放されるのか、

その額を決めなければなりません。

 

そのお金を

仮差押解放金」といいます。

 

民保22条,

 

一方、仮処分はどんな場合に

発動されるかといいますと、

条文を見てみましょう。

 

スポンサードリンク


 

民保23条

 

要するに、不動産などの特定物の得喪について

争っている場合で、

必ずしもお金で解決できないような場合です。

 

仮差押解放金のように、

仮処分解放金というものもありますが、

こちらは裁判所は定めることが

「できる」という規定になっています。

しかも債権者の意見を聞く必要があります。

 

民保25条

という事で、仮差押は「お金で解決できる場合」

仮処分は「お金で解決できない場合(できる場合もあるが)」

と認識していただければと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

民事訴訟法・民事執行法・民事保全法をわかりやすく解説


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク