リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

民事執行法 条件成就執行文・承継執行文をわかりやすく解説

リラックス法学部 民事訴訟法・民事執行法・民事保全法をわかりやすく解説 >民事執行法 条件成就執行文・承継執行文 をわかりやすく解説

 

条件成就執行文・承継執行文

今回は条件成就執行文と承継執行文について

説明していきます。

 

条件成就執行文

民執27

 

これは、条件が成就したときに、

強制執行することができるという場合に、

債権者がその事実の到来を文書で証明した場合に、

執行文を付与してもらうという事ですが、

「文書を提出」しない限り、

執行文が付与されないことに注意しましょう。

 

承継執行文

民執27,2

 

債務名義に表示された人物の者が

死亡して相続した場合など、

その立場に承継した際の話です。

 

こちらの場合は、明白な場合は債権者が

それを証する文書を提出する必要はありません。

 

条件成就執行文が必ず文書の提出が

必要であることと比較しましょう。

 

なお、強制競売の場合、開始後に

債務者が死亡しても、執行を続行します。

 

民執41

 

開始後に債権者が死亡した場合は、

承継人が強制執行の続行を求める場合は、

承継執行文の付された債務名義の正本の提出を

要することとなりますので、注意しましょう。

 

民執22,1

という事で、今回は条件成就執行文・承継執行文について説明してまいりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

民事訴訟法・民事執行法・民事保全法をわかりやすく解説


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク