リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

民事訴訟法 簡易裁判所 少額訴訟の手続きについてわかりやすく解説

リラックス法学部 民事訴訟法・民事執行法・民事保全法をわかりやすく解説 >民事訴訟法 簡易裁判所 少額訴訟の手続きについてわかりやすく解説

 

少額訴訟

今回は少額訴訟について

説明していきたいと思います。

少額訴訟は簡易裁判所において、

訴額が60万円以下の金銭の支払い請求を

目的とする場合に提起することができます。

簡易迅速な訴訟のシステムとなっています。

 

368

 

少額訴訟は同一の裁判所で

年に10回までしか

提起することができません。

369

 372

 

原告が勝訴した場合は

必ず裁判所の職権で仮執行の宣言がされます

 

なお、被告は最初の口頭弁論の期日までに、

訴訟を通常の手続きに移行させる旨の申述ができます。

 

373

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 民事訴訟法・民事執行法・民事保全法をわかりやすく解説


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク