スポンサードリンク

【法学用語】「一般概括主義・列記主義」を手短に簡単に解説

一般概括主義とは、

行政処分に該当するものは、

法律に例外のある場合を除いて、

原則としてすべての処分について

不服申し立てを認める立場のことです。

 

列記主義は、

行政不服申立てや行政事件訴訟において、

不服申立てや訴訟を提起できる事項を

法が列記したものに限定するという立場のことです。

 

現行の行政不服審査法、行政事件訴訟法では

概括主義が採用されています。


約40年ぶりに変わる相続法の概要を簡単にわかりやすく解説

当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


ソフトバンクの回線のwifiルーター

月額2,760円(税抜)〜 

NEXT mobile
関連記事

スポンサードリンク