スポンサードリンク

【法学用語】「保全仮登記」を手短に簡単に解説

保全仮登記とは、

所有権以外の権利の保存、設定、変更について

将来の登記の順位等を保全するために

暫定的に権利関係を形成するために

あらかじめする登記のことで、

処分禁止の登記とともに行います。

 

所有権の場合は、

物権の排他性によって、

処分禁止の登記をしておけば、

所有権の登記をする際に、

処分禁止の登記に遅れて登記された権利を

抹消することができますが、

債権の場合は、このようにできないので、

順位を保全するために、

処分禁止の登記とともに保全仮登記を行います。

 


約40年ぶりに変わる相続法の概要を簡単にわかりやすく解説

当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


試験に役立つ左脳型速読術


関連記事

スポンサードリンク