スポンサードリンク

【法学用語】「保存行為」を手短に簡単に解説

保存行為とは、

物の現状を維持する行為や、

財産の価値を現状のまま維持する行為のことで、

例えば、建物の修繕、

債権の時効消滅を防ぐための催告、

弁済期限の到来した債務の弁済などが

これにあたります。

 

共有物の場合、

保存行為は、各共有者が単独ですることができます。


約40年ぶりに変わる相続法の概要を簡単にわかりやすく解説

当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


試験に役立つ左脳型速読術


関連記事

スポンサードリンク