スポンサードリンク

【法学用語】「逃走の罪」を手短に簡単に解説

単純逃走罪

裁判の執行により拘禁された

既決又は未決の者が逃走したときは、

1年以下の懲役に処されます。

 

未遂も、罰せられます。

 

加重逃走罪

裁判の執行により拘禁された既決又は未決の者、

勾引状の執行を受けた者が

拘禁場若しくは拘束のための器具を損壊し、

暴行若しくは脅迫をし、又は2人以上通謀して、

逃走したときは、3ヶ月以上5年以下の懲役に処されます。

 

未遂も、罰せられます。

 

被拘禁者奪取罪

法令により拘禁された者を奪取した者は、

3か月以上5年以下の懲役に処せられます。

 

未遂も、罰せられます。

 

逃走援助罪

法令により拘禁された者を逃走させる目的で、

器具を提供し、その他逃走を容易にすべき行為をした者は、

3年以下の懲役に処され、

暴行又は脅迫をした者は、

3ヶ月以上5年以下の懲役に処されます。

 

未遂も、罰せられます。

 

看守者等による逃走援助

法令により拘禁された者を看守し又は護送する者が

その拘禁された者を逃走させたときは、

1年以上十年以下の懲役に処されます。

 

未遂も、罰せられます。


約40年ぶりに変わる相続法の概要を簡単にわかりやすく解説

当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法


関連記事

スポンサードリンク