リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

公の施設・指定管理者とは?

リラックス法学部 行政法をわかりやすく解説 >公の施設・指定管理者とは?

 

公の施設とは?

「公の施設」について地方自治法244条が規定しています。

 

244

 

普通地方公共団体は、公の施設の設置及びその管理に関する事項は、

条例で定めなければなりません。

 

公の施設は、関係する普通地方公共団体の議会の議決を経て、

協議により、普通地方公共団体の区域外に設ける事ができます。

 

指定管理者とは?

普通地方公共団体は、公の施設の設置の目的を効果的に

達成するため必要があると認めるときは、条例の定めによって、

法人その他の民間企業などの団体に、使用許可処分等の

管理を行わせる事ができます。

 

この指定を受けた者を「指定管理者」といいます。

 

指定管理者の指定は期間を定めて行い、

あらかじめ議会の議決を経なければなりません。

 

指定管理者を指定する意義としては、

利用時間の延長や施設運営のサービス向上による利用者の

利便性の向上や、施設を所有する地方公共団体の負担の軽減

などがあります。

 

 

行政法をわかりやすく解説コーナートップへ

行政法の試験対策・要点まとめコーナートップへ


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク