リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

地方公共団体の区域の変更(廃置分合・境界変更)とは?

リラックス法学部 行政法をわかりやすく解説 >地方公共団体の区域の変更(廃置分合、境界変更)とは?

 

地方公共団体の区域の変更には、

「廃置分合」と「境界変更」があります。

 

廃置分合

廃置分合とは、

地方公共団体の法人格の変動伴う区域の変更です。

分割・分立・合体・編入といったものがありますが、

市町村の合体、編入は、

一般にはいわゆる「市町村合併」と呼ばれたりするものです。

 

境界変更

境界変更は、

地方公共団体の法人格の変動を伴わない区域の変更です。

 

 

地方公共団体の区域の変更の手続き

都道府県の廃置分合又は境界変更をしようとするときは、

法律でこれを定めるのが原則ですが、

二以上の都道府県の廃止及び

それらの区域の全部による一の都道府県の設置又は

都道府県の廃止及びその区域の

全部の他の一の都道府県の区域への編入は、

関係都道府県の申請に基づき、

内閣が国会の承認を経てこれを定めることができます。

 

この場合、この申請は総務大臣を経由して行い、

関係都道府県の議会の議決を経なければなりません。

 

市町村の廃置分合又は市町村の境界変更は、

関係市町村の申請に基き、

都道府県知事が当該都道府県の議会の議決を経てこれを定め、

直ちにその旨を総務大臣に届け出なければなりません。

 

市の廃置分合をしようとするときは、

都道府県知事は、あらかじめ総務大臣に協議し、

その同意を得なければなりません。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

行政法をわかりやすく解説トップへ

 


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク