リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【宅建士試験対策】都市計画法「都市施設」の要点をわかりやすく解説

 リラックス法学部 都市計画法をわかりやすく解説>都市計画法 都市施設とは?

 

都市施設

都市施設とは、都市生活、都市機能を

形成、維持する上で必要な施設のことで

都市計画法11条に規定されています。

 

例えば、道路等の交通施設、公園等の公共空地、上下水道等の供給処理施設、

河川等の水路、学校等の教育文化施設、

病院等の医療福祉施設、火葬場等、団地などの住宅施設、

官公庁施設、流通業務団地など、

都市計画法で定める、都市計画決定により

設置を決める施設です。

 

 

都市施設について、整備すべきものの位置、

規模、構造等を定めるのが、

都市施設に関する都市計画で、

その決定後一定の手続きを経て、都市計画事業が施工されれば、

その内容が実現されます。

 

都市計画で具体的に定められた都市施設を、

都市計画施設といいます。

 

都市施設は原則として、

都市計画区域内で定めますが、

特に必要があるときは、都市計画区域外でも

定めることができます。

 

市街化区域では、少なくとも道路、公園、

下水道を定める必要があります。

 

第一種・第二種低層住居専用地域、

第一種・第二種中高層住居専用地域、

第一種・第二種住居地域、準住居地域では、

義務教育施設を定めなければならない

ことになっています。

 

都市計画法11条

都市計画法11条の11

 

 

 

宅建士試験対策・要点まとめコーナートップへ


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク