スポンサードリンク

行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法

大学生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本

行政書士受験生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本


【判例】罪数に関する法令適用と刑訴法411条(平成28年3月23日最高裁)

罪数に関する法令適用と刑訴法411条

(平成28年3月23日最高裁)

事件番号  平成26(あ)1870

 

この裁判は、

罪数に関する法令適用の誤りがあるが,

刑訴法411条を適用すべきものとは認められないとされた事例です。

 

最高裁判所の見解

所論に鑑み職権で調査すると,第1審判決が認定し,

原判決が是認した事実関係の下においては,

第1審判決が判示第1(平成19年1月12日から

平成22年1月26日までの145回にわたる振込入金にかかる各所為)と

判示第2(平成22年2月22日から平成25年9月27日までの

70回にわたる振込入金にかかる各所為)を併合罪として処断したのは,

法令の適用を誤ったものというべきであるが,

本件事案に照らせば,いまだ刑訴法411条を

適用すべきものとは認められない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法

大学生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本

行政書士受験生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本


スポンサードリンク

関連記事