スポンサードリンク

行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法

大学生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本

行政書士受験生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本


【用語解説】「ドーハ・ラウンド」を手短に簡単に解説

ドーハ・ラウンドとは、

WTO(世界貿易機関)による

農業、鉱工業、サービスの自由化のみならず、

貿易円滑化、アンチ・ダンピング等のルールの策定、強化も含んだ、

多角的貿易自由化交渉のことです。

 

1994年のウルグアイラウンド合意成立後、

2001年にカタール国の首都ドーハで開催された

WTO第4回閣僚会議で開始が決定がされました。

(正式名称は「ドーハ・開発・アジェンダ

(DDA:Doha Development Agenda)」)

 

鉱工業品(NAMA)、農業、サービス、ルール、

貿易円滑化、知的所有権(TRIPs)、開発、

貿易と環境などが交渉分野となっています。


行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法

大学生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本

行政書士受験生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本


スポンサードリンク

関連記事