スポンサードリンク

行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法

大学生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本

行政書士受験生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本


【用語解説】「特別引出権( SDR)」を手短に簡単に解説

特別引出権( SDR)とは、

国際通貨基金(IMF)が

加盟国の準備資産を補完する手段として、

1969年に創設した国際準備資産、また、

IMF及び他の一部の国際機関の会計単位のことです。

 

SDRは通貨ではなく、また、

IMFに対する請求権でもありません。

 

SDRの保有者は、二通りの方法で

保有するSDRと引き換えに、

自由利用可能通貨を入手することができます。

 

ひとつは、IMF加盟国間で

自由利用可能通貨と交換する方法で、

もうひとつは、

IMFに指定された強固な対外ポジションを有する加盟国が、

弱い対外ポジションの国から

SDRを購入するという方法です。

 

 

2016年3月現在、

2,041億SDR(約2,850億ドルに相当)が発行され

加盟国に配分されています。

 

2016年10月1日付けで、SDRの価値は、

主要5 通貨(米ドル、ユーロ、人民元-RMB-日本円、

スターリング・ポンド)からなる

バスケットに基づいて日々更新され、

5年に一度、計算方法の見直しが行われています。


行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法

大学生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本

行政書士受験生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本


スポンサードリンク

関連記事