スポンサードリンク

行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法

大学生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本

行政書士受験生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本


【用語解説】「特許法条約(PLT)」を手短に簡単に解説

特許法条約(PLT)とは、

2000年6月1日に世界知的所有権機関(WIPO)で採択され、

2005年4月に10か国の批准で発効した、

各国の特許出願手続の

国際的な制度調和と簡素化を図るための条約のことで

各国の特許出願に関する手続を簡素化し

利便性向上・出願人の負担軽減を目的にしています。

2017年7月時点の締約国は39か国です。

 

 

PLTの主な内容は、

出願日の認定要件、出願手続等の簡素化及び容易化、

期間に関する救済、

相当な注意を払ったこと又は故意でないことが

官庁により認定された場合の権利の回復、

優先権の主張の訂正又は追加及び優先権の回復、

代理の義務付けの例外、

権利移転等の登録などとなっています。


行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法

大学生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本

行政書士受験生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本


スポンサードリンク

関連記事