スポンサードリンク

行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法

大学生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本

行政書士受験生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本


【用語解説】「高圧経済、低圧経済」を手短に簡単に解説

高圧経済とは、

国内の供給能力よりも需要が上回り、

それによって投資などが活発化し、

さらに需要圧力が高まる傾向にあって

生産が需要に遅れてついていく経済を指す言葉で、

物価の上昇や輸入の急増による国際収支の悪化を招き

インフレに成る可能性があります。

 

低圧経済とは、高圧経済と対比される言葉で、

国内の需要が供給を下回り、

それによって投資なども低迷し、

さらに需要圧力が低下する傾向にあって

意図した投資が意図した貯蓄に及ばない状態にある経済を指す言葉で、

総供給が総需要を上回るようになり、

成長率の低下や失業の増大などが起こり、

デフレに成る可能性があります。


行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法

大学生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本

行政書士受験生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本


スポンサードリンク

関連記事