リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

条文の大切さ

リラックス法学部 コラム >条文を読むときのコツ

 

条文の大切さ

法律を勉強する際に

「条文を読む」ということの大切さは、

多くの人が語っていますし、

あなたが師と仰いでいる方も

そうおっしゃっていることでしょう。

 

あらためて、何故条文を読むことが

大切なのかを説明してみたいと思います。

一言で言ってしまえば「それが根本」だからです。

 

初学者の方は、条文よりもテキストの

言葉の方がわかりやすいでしょうし、

手続きをする際も、関係法令の条文を読むより、

役所のホームページで手引きを読んだ方が

わかりやすいでしょう。

 

しかし、その説明が

何を根拠に書かれているかといえば

「条文」です。

 

条文でカバーしきれない

イレギュラーなケースで、判例や、

手続きなどの先例といった過去の実績

から判断する場合もありますが、

その判例や先例も条文を無視したものではありません。

 

条文が規定する趣旨を咀嚼して

類似の事例の答えを出していくわけです。

 

条文(法律)があってこその

判例、先例なわけです。

 

登記先例などは、

「この条文でこのように規定しているのだから、

この場合もこれでいいのではないか」

とお上におうかがいをたてて、

「貴見の通り」(あなたのおっしゃるとおりです)

というふうに実績が積み重なっていきます。

 

スポンサードリンク


 

とは言っても、初学者の方は特に、

テキストの説明で理解できるのだから、

あらためてわざわざ理解しにくい

条文を読む必要があるのか?

と思うかもしれません。

 

条文の大切さは言葉で説明されて

理解するというよりも、

読み続けてジワジワ身にしみてくるところもあるので、

結局は大切さが実感できるまで

読んでくださいという部分もあります。

 

少しズルい論法ではありますが(笑)

条文の大切さを理解できるぐらいになったら

試験の合格に近づいていると

言えると思います。

 

法律試験の勉強はその知識自体が

役に立つという意味もありますが、

それ以上に法律の世界での思考力を鍛える訓練

という意味合いがあります。

 

試験勉強は条文、判例、先例の知識の集積とともに、

法律世界の方向感覚を

養っていく作業でもあるのです。

 

試験に合格し、実務をするときは、

実社会での様々な場面に、

どの法律が適用されるかを考えて

こなしていくことになりますが、

この時に条文を知らないと

何をどうしてよいかわからないわけです。

 

試験勉強の場合はテキストが解説してくれますが、

テキストが教えてくれるのは試験勉強までで、

実務は条文を自分で咀嚼し、

判断していく必要があるのです。

 

試験勉強で条文を読むときは、

後々のそういった力を

つちかう作業もしていると意識することで、

より有意義になるのではないでしょうか。

 

ちなみに私が愛用しているのは、

三省堂の模範六法です。

 

かなりぶ厚いので持ち運びが大変なので、

受験生の頃は民法、行政法、憲法、会社法あたりを

カッターで切り取って持ち運んで、電車や

仕事の休憩時間などスキマ時間に

ボロボロになるまで読み込みました。

 

今回の文章が、条文を読む際に

少しでもモチベーションを上げるものになって

いただければ幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

明日もお待ちしてます。

関連記事

知識を定着させる方法

受かるべくして受かり、落ちるベくして落ちる

過去問は解けるのに、本試験の問題を解けない理由

難化する試験への対策

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋トップへ

 


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク