スポンサードリンク

【刑法判例】自救行為(昭和30年11月11日最高裁)の要点をわかりやすく解説

自救行為

(昭和30年11月11日最高裁)

事件番号  昭和28(あ)5224

 

Xは、建物を増築するため、Xの借地内に築造されている

A所有の住家の玄関の軒先を、情の知らない大工に命じて

間口8尺(約240㎝)、奥行き1尺(約30㎝)を

切り取られました。

 

この行為について、Xは、

建造物損壊罪で起訴されました。

 

裁判所の見解

 

 

右玄関は、Aが建築許可を受けないで

不法に増築したものであり、

またXの店舗増築は経営の危機を打開するため

遷延を許さない事情にあって、

右軒先の切除によりAのこうむる損害に比し

これを放置することにより

Xの受ける損害は甚大であったとしても、

Xの右建造物損壊行為が自救行為として

その違法性を阻却されるものではない。

 

刑法判例コーナー

刑法の解説コーナー


・試験に役立つ左脳型速読術


関連記事

スポンサードリンク