スポンサードリンク

【行政判例】外国人に対する退去強制令書の執行と裁判を受ける権利 (昭和52年3月10日最高裁)

 外国人に対する退去強制令書の執行と裁判を受ける権利

(昭和52年3月10日最高裁)

事件番号  昭和51(行ト)5

 

この裁判では、

外国人に対する退去強制令書の執行と

裁判を受ける権利について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

抗告人が本国に強制送還され、

わが国に在留しなくなれば、

みずから訴訟を追行することは

困難となるを免れないことになるが、

訴訟代理人によって訴訟を追行することは可能であり、また、

訴訟の進行上当事者尋問などのため抗告人が

直接法廷に出頭することが必要となった場合には、

その時点において、所定の手続により、

改めてわが国への上陸が認められないわけではないのである。

 

それゆえ、本件令書が執行され、

抗告人がその本国に強制送還されたとしても、

それによって抗告人の裁判を受ける権利が

否定されることにはならないものというべきである。

 

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

行政判例コーナー

行政法の解説コーナー


当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


精神的な弱さを改善する方法


関連記事

スポンサードリンク