リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説


スポンサードリンク

民法 連帯債務(432~445条)判例集

リラックス法学部 判例集 > 民法 連帯債務(432~445条)判例集

 

連帯債務(432~445条)判例集

 

 

民法432条

 

民法432条関連判例

・連帯債務者の一人が死亡し、その相続人が数人ある場合、

被相続人の債務の分割されたものを相続人らは承継し、

各自その承継した範囲において、

本来の債務者とともに連帯債務者となる。

(最判昭和34・6・19)

 

 

・連帯債務者の一人に対する債権を

他の債務者に対する債権と分離して譲渡することができる。

(大判昭和13・12・22)

 

 

 

 

 

 民法433・434・435条 

民法436条・437条

 

民法437条関連判例

・一部免除の場合には、全部免除に比例した割合で、

連帯保証人は債務を免れる。

(大判昭和15・9・21)

 

民法438条・439条

 

民法439条関連

・全部の負担部分を有する連帯債務者の一人に時効が完成した時は、

その債務につき承認による時効の中断があっても、他の債務者はその債務を免れる。

(大判大12・2・14)

 

・本条のいう「負担部分」は、債権者の関与なしに

債務者間の合意のみで変更する事ができる。

(大判7・4・15)

 

民法440条・441条・442条

 

民法442条関連判例

・連帯債務者の一人が債務を一部弁済をすれば、その債務者は弁済額全部について

他の債務者に対してその負担部分の割合に応じた求償をなしうる。

(大判大6・5・3)

 

 民法443条

 

 ・民法443条関連判例

連帯債務者の一人が弁済したが、

他の連帯債務者に事後の通知をせずにいた場合でも

その後に他の連帯債務者が事前の通知をせずに弁済をした時は、

後者は自分の弁済が有効だと前者に主張する事はできない。

(最判昭和57・12・17)

 

 民法444条

民法444条関連判例

・求償者と他の資力ある債務者がいずれも負担部分が無い場合は、

無資力の償還不能部分は、平等に負担されるべきである。

(大判大3・10・13)

 

民法445条

 

民法判例集

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋 

試験対策・要点まとめコーナー


PlayStation4/Newニンテンドー2DSLL ドラクエⅪ 同梱版4/28予約開始!
サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】をリラックス法学部のヨネヤマが実際に購入して試してみました。